釣行記

スポンサーリンク
釣行記

ジャイアントなグラミーにリベンジに行ってきた。

ジャイアントグラミー、インドネシアでは食用として広く流通しており観賞魚としても人気の魚である。 以前Kampung Batuにて掛けたはいいがバラしたきり悔しい思いをしていた。 ジョグジャの動物園にいたジャイアントグラミー ...
釣行記

精神的勝利を求めて怪魚釣り堀とかに行ってきた。

最近ストレスが溜まっている。コロナ規制は今更だが職場のクレームでお客様に絞られたり体調崩したり私生活でもツイていないことが多く、鬱憤が溜まっている。 ©️古谷実/講談社 こんな時は釣りに行こう、ただしボウズをくらう可能性がある...
釣行記

スラバヤのインドネシア最大の釣り堀Monstero Fishing Parkに行ってきた。その②

※過去レポになります。 時は2021年5月、週の半ば過ぎにkhusnulさんから連絡があった 『今週末スラバヤに来い、Monstero行くぞ。』 うーん、流石に急すぎる。1日で準備して飛行機でスラバヤ行くのはキツい、当時...
釣行記

スラバヤのインドネシア最大の釣り堀Monstero Fishing Parkに行ってきた。その①

※過去レポになります。 スラバヤにはインドネシア最大の怪魚釣り堀があるという話は以前から聞いていた。 昨年ダトニオイデスという魚が釣りたくてしょうがない時期があり、ここで釣ることが出来るという噂を聞いてスラバヤに飛び立ったので...
釣行記

タングランのバラマンディ釣り堀Flamboyant168に行ってきた。

急遽ジャカルタに行く用事が出来た。電車に揺られて3時間、あれ?これあそこ寄れるんじゃね?と釣竿と少しのルアーを持って来ている。 Flamboyant168 気になっていた釣り堀。 ジャカルタ近郊のタングラン県、インドネシ...
釣行記

ジョグジャの新しい釣り堀Omah Kolamに行ってきた。

カリマンタンから帰ってきて早1週間、ロスを感じているという訳ではないがジャングルが強烈過ぎて釣りはしばらくいいかな、という気分になっていた。 このブログもカフェを飲み歩くゆるゆる観光ブログに方向転換かなと考えていた矢先に中部ジャワへ...
釣行記

カリマンタンのジャングルに釣りに行ってきた。その③

昨夜はすぐに眠りについて泥のように眠っていた。薄暗い中船頭さんに叩き起こされる。何かが床板の上でびったんびったん跳ねている音が聞こえる。 Wallago leerii 現地名Tapah (タパー) うおおおお、ワラゴーレイリー...
釣行記

カリマンタンのジャングルに釣りに行ってきた。その②

ついに出発の時が来た。 目的地はセバンガウ国立公園内を流れるセバンガウ川。オランウータンの生息数が最も多く、サイチョウなど貴重な鳥類が数多く生息する熱帯雨林の保護区だ。 夜中の1時過ぎ、辺りには虫の声が響くのみ ガイドさ...
釣行記

カリマンタンのジャングルに釣りに行ってきた。その①

Khusnulさんに誘われたカリマンタン島への野営釣行に結局参加することにした。 寝袋、救命胴衣やランプ、ドライバッグなどを買い込む。 行くと決めたなら色々と下調べと準備をして冒険釣行の準備をする。 中カリマンタン州カテ...
釣行記

復活したKampung Batuの怪魚池に行ってきた。

仕事中、一通のチャットが入った。ボス、釣りに来いよ、という短い文だが私が食いつくには十分な言葉だった。 6月から閉鎖していた私の行きつけだった釣り池が再開するというのだ。 次の休みに絶対に行くと返事をして浮つきながら仕事に戻っ...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました